敷地のセットバックって?

 

先日、お客様(希望に近い土地が見つかれば、三陽建設で新築の建築をお考えの方)から希望に近いと思われる土地があったので、一緒に見てほしいとご連絡をいただきました。
その土地は、前面道路が少し狭く幅員4m未満の道路に接している土地でした。

建築基準法では、敷地は幅員4m以上の道路に間口が2m以上接していなければならない。
となっており、建物を建築する際、敷地が接している道路が幅員4m未満の場合に、道路の中心線から手前に2mまでの部分が道路とみなされるので、その道路とみなされる部分がセットバックとなり、 建物を建築する際は敷地を後退させなければなりません。
(セットバック部分には家は建てられない。道路の種類や条件などにより例外もありますが  ・・・・・)

結局、今回の土地は購入を見送ることにされました。
有効敷地面積が少なくなり、建ぺい率や容積率などを考慮すると、建物プランも小さくなってしまいますので・・・
(土地も少し高低差があり造成費も多めにかかりそうだったので)
そのあたりをお客様には、しっかりと丁寧に説明をさせていただき、ご理解をいただきましたので、ご同行させていただいてよかったと思っております。

今回は残念でしたが、次また、探しましょう! :search:

今回の件は、これから土地を探して新築の建築をお考えの皆様にもあてはまるケースだと思います。
ご参考になればと思います。

三陽建設では、建物のことはもちろん、土地についても適切なアドバイスができるようさせていただいております。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

それでは。ありがとうございます :-))

トップページへ戻る

注文住宅とリフォームをお考えの方へ