東日本大震災から間もなく3年。改めて思うこと。

皆さん。こんにちは。

代表取締役の藤井です。

東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災から間もなく3年が経過しようとしています。被災地では未だ幅広い分野にわたり、困難な課題が山積しています。

阪神淡路大震災を経験した兵庫県の企業として、地域の皆様に何ができるのか、改めて考えてみました。

三陽建設は、建築、リフォーム、不動産の会社です。注文住宅の建築や家の増改築やリフォーム、土地や建物の仲介などをさせていただいております。
おかげさまで創業53年になります。
やはりできることは、建築、リフォーム、不動産を通して、地域の皆様にもっともっと愛されること、頼っていただけるようになること。そのために、いい仕事をすること。いい仕事をして皆様に喜んでいただくことで、「ありがとう」のお言葉を頂戴できる。
そのお言葉を励みにまた、いい仕事をすること。

新築の注文住宅の建築では、今まではもちろん、これからも快適性(AMENITY)、品質性(QUALITY)、安全性(SAFETY)の高い家づくりをすること。
リフォームでは、皆様の生活環境にあった,水回りのリフォームから、全面改装工事、耐震性を考えた耐震リフォームなどをご提案していくこと。
またこれからも、ご高齢者や介護を必要とされる方々には、やさしいリフォームもご提案していくこと。

建築、リフォーム、不動産を通して地域の皆様に愛されること、地域の皆様に喜んでいただけるいい仕事をすること。
このことが、地域の会社として大事であると改めて思っております。
信頼される会社、頼り甲斐のある会社として地域の皆様に愛される会社として一層の精進をお約束いたします。
新築、リフォーム、また土地の有効利用等についてお考えのかたは、ぜひ当社にご相談ください。経験豊富なスタッフが皆様のご相談にお応えさせていただきます。

今後もより一層地域に根ざした会社として、皆様に新たな住生活の提案をし続ける努力をしてまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

三陽建設株式会社
代表取締役 藤井 弘康