家族愛あふれる『欲張りリフォーム』“和室改装”編

思い出の詰まった部屋だけに…。

長年、見送ってきましたがこれを機に今回どうしても手懸けたかった御様子です。

「各部屋の改装は次回、だけど…。」生前、先代が愛したこの“憩いの間”だけはという事で

外部工事に絡む縁側の大間口障子サッシを新調後に内部を新装。

壁の痛み同様、畳下の著しい腐食で気になっていた床下は特に異状なく補強を済ませ

開口寸法が変更出来ない為、床の間横の折戸襖等や障子建具は全てオーダーメイド。

そして仕上工事は御主人の簡潔で適切な御希望“采配”で順調に進められ完了直前に

「木部の灰汁(あく)抜き洗装も…。」というこれまた奥様の好アシストの一言で

新しくなった和空間が縁側から差し込むと優しい光と共に一層際立ちました。

トップページへ戻る

注文住宅とリフォームをお考えの方へ