明石市 鳥羽 NI様邸 防水工事!

現在、透湿防水シートを張る作業を行っております・・・・\(^o^)/

なぜ透湿防水シートの施工が必要なのか?

従来、木造住宅の外壁の防水シートとしては、アスファルトルーフィングフェルト等が使用されていました。近年の住宅の高気密高断熱化に伴い、室内で発生した湿気が壁体内に滞留し結露を起こす事が指摘されるようになってきました。

そこで1980年代になり、外壁材と断熱材の間に通気層を設け、壁体内に侵入した湿気を通気層を通して外部に放出する通気層工法が北海道を中心として普及し、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えた透湿防水シートが使用されるようになりました。
1990年代になって、全国的に使用されるようになりました・・・・・・・・(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

トップページへ戻る

注文住宅とリフォームをお考えの方へ