「防災の日」 災害への備えはされていますか?

皆さん、こんにちは。伊藤です。

今日、9月1日は「防災の日」
1960年(昭和35年)に制定をされた「防災の日」は、
1923年(大正12年)に発生した関東大震災にちなんだものであります。
また立春から数えて二百十日ごろの9月1日付近は、例年日本に多くの台風が来て天気が荒れやすいとも言われています。

「防災の日」の前後は、各所で防災訓練等が行われておりますが、この日だけではなく、普段から防災・減災の備えはしておきたいものですね。

調査によると、人は一日に2リットルの水が必要らしいです。家族4人で考えると8リットル、一週間で考えると56リットル必要みたいです。なかなかこれだけの水を置いておくのも難しいとは思いますが、常日頃から意識だけでも持っておきたいものですね。

家で考えると、地震の時に家具などが転倒してこないように、転倒防止の金具などを付けるとか、また耐震性に心配のある家では、耐震診断などを受けてご自身のお家の状態を確認して、耐震補強工事をされることをおすすめいたします。

 

※いつ来るかわからない地震ですが、備えることで防災・減災になると思います。

『備えあれば憂いなし』

ではまた。

 

トップページへ戻る

注文住宅とリフォームをお考えの方へ

Posted in スタッフブログ |