笑わない人は衰えが早い?不機嫌に生きるとたるみが早い?

皆さん、こんにちは。
伊藤です。

今日は立冬。暦の上では今日から冬の始まりです。これからどんどん寒くなっていきます。
お体に気をつけてください。

新聞に美容ジャーナリストの女性がこんなコラムを書いていました。

『笑わない人は衰えが早い?不機嫌に生きるとたるみが早い?』

“笑い”には、有害な細胞を殺すナチュラルキラー細胞を活性化し、免疫力を高める働きがあると言われるが、
不思議なことに口角をただ上げておくだけでこの効果があるという。
それは口角を上げることが逆に気持ちを晴れやかにし、愉快にしてしまう証。
ところが顔の筋肉は意外なほど鈍りやすく、笑顔が足りないとどんどん笑えなくなる。
笑えなくなると筋肉がずっと動かせなくなり、動かさないから衰える。だからたるみも早くなる。
不機嫌なたるみが固まってしまうから。
(コラムには書いていませんでしたが、年齢ともにどうしてもたるんできてしまいますよね。
重力には逆らうことはできないので・・・・・
でも不機嫌なたるみが固まらないように笑って筋肉を動かしましょうね。 \(^o^)/ )
笑えないと逆に気持ちが弾まず人生がつまらなくなる。
“笑い”は、脳の働きを活性化し、血行を高めたり、傷みを和らげる効果もあると言われる。まさに心身に良循環をもたらすとてつもない力があるので、ともかく口角を上げて笑顔で生きましょう、気がつくと口角が上がっている“誰にとっても笑顔の人”になりましょう。とこんな内容です。

『笑って過ごしても1日』  『不機嫌な顔をして過ごしても1日』

いろいろありますが、できるだけ笑って1日を過ごしたいものですね。 (^o^) (^o^) (^o^)

今日も1日がんばりましょう!