築40年 段差解消・お風呂改造工事

40年前、新築の建て替え工事をしました。
既存の建物の一部分うを残して入母屋の立派なお家を建てられました、それから40年・・・
思い返せば、玄間ホールから1段高くなった和室、縁側・床の間・2間続きの和室と豪華な造りです、その逆にホールから1段下がってLDKになっています、なで下がっているのか思うと既存の残した建物に行くために下げたようです。
LDKの部屋から既存の部屋に行くのに1段また下がっています、今でこそ段差なしのバリアフリーがあたり前ですが、昔はそこまで考えなかったのですね。
今回は足が弱ってきたおばあちゃんの動きやすいように出来る限りの段差を無くす工事です。
和室と洗面所の床をLDKの床の高さに合わせて、ユニットバスの洗い場もあわせることにしました。 
ユニットバス・洗面化粧台・和室の片付が始まりました。

片付が終ると解体が始まります。
解体撤去が完了しました、この後給排水給湯配管・電気配線工事が始まります。
縁側の屋根の一文字葺き銅板が、瓦からの段差の雨に打たれて穴が空いてしまい葺きなおす事になりました、銅板も40年の歳月で穴が空いてしまうんですね、これも40年前の考えですね。

銅板の一文字葺きです  上の写真はガルバー鋼板の一文字葺きです上からの落下には強いです。

トップページへ戻る

注文住宅とリフォームをお考えの方へ