大邸宅各所修繕[外構改修編]③〝苦悩の連鎖〟

〝ここ何十年まれにみる暖冬。〟

という気候にすっかり油断してて足指に霜焼が出来てしまいむず痒さに喘いでおります。

そんな私自身の不養生さはさておきこの大寒波到来時期でも

現場は須磨区の高台とはいえ寒くなく今の処、作業にさほど差し支えなく進捗しております。

家と花壇の間を取り持つ嵩上タイル土間の撤去床付が完了し

建物の基礎部分が全景を現したというのに〝床下換気口〟が無い(!!)

あるはずのモノが無いっ!!

案の定、土間を嵩上する際に事前に煉瓦で封鎖してしまっていました。

四箇所とも無事復元に成功しこれで快適な生活環境に戻って頂けるのでは・・・・・。

と思ったのも束の間、土台大引の残酷な状況を又もや発見。

無計画な工事はこういった惨状を次々と招き苦難の修繕作業はまだまだ続くのであります。