小野市天神町 ❝地縄はり❞

こんにちは、伊藤です。

まもなく着工する、小野市のS様邸

先日、地縄はりを行いました。

 

 

 

「地縄はり」とは・・・住宅の建築工事の初めに行うもので、建築地に縄を張って、設計図面の通りに建物の配置を決めていくこと。
建物の外周と内部の部屋スペースに縄をはり、敷地内に建物の配置を地面に示していく作業。

お家を建てる前のすごく大事な工程です。

初めて地縄を見た方の感想は、「小さい、こんな小さくて大丈夫だろうか?」と思われる方が多いようです。

基礎工事に入って、土台を敷いて、上棟して柱や屋根や壁ができてくると、だんだん立体的になってきて、たくさん打ち合わせをしてきたマイホームが少しずつ見えてきますので、ご心配なく。

地縄はりの作業は、無事に完了です。

暑かったけど、雨で無くて良かった!(^◇^)

いよいよこれから本格的にお家づくりがはじまります。

工事が無事に進むよう、さらに気を引き締めて。