大邸宅庭園大改造⑤

私、最近いささか健忘症が進んでいるようで再三の予告事項掲載の先送り大変申し訳ございませんが、前回掲載の準備工事以外にもっと大事な先行作業のご連絡を忘れておりました。

当工事を御依頼頂いた発端の“主旨”は『これからの時代、自然エネルギーからの熱源供給なくしての宅内での人間生活はありえない。』医院長先生様のお考えによるもの。

以前からも発電用パネルを屋根上に敷き詰められ太陽光エネルギーをふんだんに取り入れておられます。が今回、先生が興味を持たれたのは〝ソーラーパネル式給湯システム〟。二、三十年前に流行った貯水タンク型と違い給水をパネル内を潜らせて熱湯に変える屋根に荷重負担させないいわゆる循環式の給湯システムです。

 

 

 

 

 

 

 

土間上にはエコキュート並みの温度調整及び追炊用ガス給湯器内蔵のヒートポンプを設置。これで、お風呂の湯はり計画は万全です。

あっ!言ッチャッタ。