【明石市大久保町茜】I様邸 基礎完成

基礎工事の鉄筋配筋工事が完成しました。

基礎配筋とは・・・基礎コンクリートの骨組みにあたる鉄筋を組んでいくこと。
基礎配筋は、建物を支える構造上とても重要なものです。
そのため、本数や太さ、位置など仕様が決められており、配筋が終わると仕様通りになっているのかをJIOがチェックする「配筋検査」が行われます。

もちろん「配筋検査」を無事に合格したので、ここからはいよいよ基礎コンクリートの打設です。

コンクリートの打設は、生コンクリートをポンプ車を使って流し込んでいきます。

そして、コンクリートを叩きながら(空気を抜きながら)締め固めていきます。また均一になるよう丁寧に手作業で仕上げていきます。(地味だけど、どれもとても大事な作業です。)

その後、コンクリートの様子を見ながら数日間乾かすと基礎の完成です。

型枠が外され、完成した基礎が姿を見せました。