【明石市大久保町茜】H様邸 基礎完成

配筋工事がおわったので、次はコンクリートの打設です。

打設とはコンクリートを流し込むことをいいます。

これは基礎の床となるところを打設しています。

面で支えることで、家の荷重を分散しています。

床が終わると、コンクリートの型枠が組まれます。

これは家の土台と基礎を連結する部分です、立ち上がりと

呼んでいます。

ここにアンカーボルトと呼ばれる連結金具が設置されました。

その数なんと100本以上!

そして最後のコンクリートの打設が終わりました。

養生期間(コンクリートを固める時間)を経て型枠を外すと

基礎の完成です!