更新情報

明石市鳥羽新田 祝 K様邸上棟

明石市鳥羽新田「K様邸」の棟上げ工事が無事完了しました。 詳細を見る
IMG_2620

築45年、入母屋創り屋根葺き替え

おふくろの里 入母屋創りで45年前に建てた屋根の葺き替え・外壁、塀吹付け・ 玄関サッシ、鋼製建具取替・樋、ブリキ取替え、外回り大改修工事が始まりました。 阪神淡路大震災の時の傷跡、屋根に上がって見たらビックリ! 下から見ても分らない、こんなに屋根瓦がズレテ・曲って大変なことに為っていました。 一時的に瓦の部分補修をしても、長くは持たないですので屋根の葺き替えを検討して決定しました。 11月24日工事スタートしました。 外壁足場掛け・養生シート張工事始まりました。 11月26日~27日 2階屋根瓦おろし・土撤去処分工事が始まりました。 レッカー車を使って高い所の瓦・土を屋根から下ろします。 瓦・土の撤去完了しました。 11月27日~28日 引き続き野地板の上に、補強として構造コンパネ張り工事が始まります。 野地板の上にコンパネを張 りました完了。 11月29日から 2階屋根葺き工事が始まります。 雨が漏らないようにコンパネ下地の上に、防水ビニールシートを引きます その上に土を乗せずに平の地瓦を葺きます、棟瓦や下瓦は確りと土を乗せて葺きます。 2階の瓦葺き完了しました。 12月10日~11日  1階下屋瓦おろし・土撤去処分工事が始まりました。 レッカー車を使って高い所の瓦・土を屋根から下ろします。 瓦・土撤去完了 12月12日~13日 引き続き野地板の上に、補強として構造コンパネ張り工事が始まります。 野地板の上にコンパネを張り完了しました。 12月14日から 1階下屋葺き工事が始まります。 雨が漏らないようにコンパネ下地の上に、防水ビニールシートを引きます その上に土を乗せずに平の地瓦を葺きます、棟瓦や下瓦は確りと土を乗せて葺きます。 屋根も葺き終り、玄関庇・二階庇もグリーンの鋼板で葺き替えて 綺麗になり、玄関ドア、1階~2階サッシも取り替えられて外周完了しました。 12月22日から 仕上げは、外壁化粧塗装が始まりました。 新年あけましておめでとうございます。 1月9日から 塗装再開し17日に完了しました。 引き続き樋の取付が始まり完了しました。 新築に建替えた?見違えるぐらい綺麗な完成いたしました。 素晴らしい仕事をさせていただき、喜んでいただき、本当にありがとうございます。 仕事をしていただいた職人さん・業者さん、ありがとうございます。 心より感謝しております、綺麗になって本当に良かったです。         詳細を見る
IMG_1838

バリアフリーへのお勧め

ひとり暮らしの明石市小久保にお住まいのK様、 機能性を重視し1014のコンパクトなマンション用のユニットバスをご提案、耐用年数が過ぎた給湯器(壊れてからでは遅いので転ばぬ先の杖) ECOジョーズ(潜熱回収型給湯器・・・これまで捨てていた排熱を使ってお湯をつくる)ガス代が13%もお得!!しかもCO2も13%削減 浴室暖房乾燥機(1台で暖房・換気・乾燥・涼風)今までも冬場の暖房として使っておられたので給湯器の取替に合わせて、洗面化粧台も今までより少し大きめのボール、下着などの小物はこれで手洗いできます。   詳細を見る
DSCN3707

(小野市天神町)  中間検査、躯体検査(JIO)

工事の方は工程通りに進み、今日は役所の中間検査。 第三者機関JIOによる躯体検査です。 まずは、中間検査。確認申請の図面通りに、建物の配置、高さ、形状、窓の位置、 耐力壁の位置・金物の検査を行われます。 この検査が終わりますと連続で次の検査、JIOの躯体検査(構造検査)です。 こちらは、瑕疵保証会社による検査で、床の合板・耐力壁の使用しています釘の種類、 間隔、使用している金物、構造体の接合金物が図面通りについているかの検査です。 ゆっくりと盆休みをとるために、休み前に社内チェックを頑張りましたので、 何事もなく双方の検査は合格しました。 詳細を見る
中間検査

(小野市天神町) 基礎工事 コンクリート打設2

基礎工事 2回目の打設です。 今日は家の土台と基礎を連結する部分。 そこを『立上り』と言います。 あとはコンクリートの硬化を待っている間(養生と言います)、 現場はお休みとなります 。 詳細を見る
基礎コンクリート立上り

小野市天神町 ❝地盤調査❞

こんにちは、伊藤です。 先日、小野市天神町 S様邸の地盤調査を行いました。 三陽建設では、地盤調査はジャパンホームシールド株式会社(JHS)に依頼をして調査を行っております。 精度の高い調査・解析力で実績のある最大手の信頼できる地盤調査会社です。 ジャパンホームシールド株式会社が高度な調査・解析力に基づいて不同沈下しないという安心を提供する地盤の品質保証がございます。 万が一の事故の時も万全の対応をいたします。 【三陽建設の安心できる地震に強い家づくりは確かな地盤調査から】 一般的な地盤調査で用いられる“スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)”では“地盤強度のみ”の判定しかできませんでしたが、最新の“スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)”では、その土地の詳細な土質判定まで行えるようになり、判定の精度が飛躍的に向上し、より詳しい地盤の状態を判断することが可能になりました。 【建築中の事故にも対応】 【品質保証期間は工事期間+お引き渡し日から20年】 三陽建設では、この最新の“スクリュードライバーサウンディング試験(SDS)”を用いた地盤調査を導入いたしております。 これにより、新築住宅における地盤品質保証を従来の10年間ではなく、20年間保証する新しい「地盤サポートシステム」をご提供することができます。 不同沈下などへの不安に対して、安心の長期保証の「地盤サポートシステム」です。                                 敷地内に張られた地縄で建物の配置がわかりますので、建物が建つ四隅と真ん中の計5か所を地盤調査いたしました。 地盤調査は滞りなく終了し、後日その調査結果が届きました。 調査・解析の結果は、地盤改良工事などの必要の無い良好な土地との判定でしたので、通常のベタ基礎で工事をすすめていけます。 詳細を見る
S様地盤調査①

小野市天神町 ❝地鎮祭❞

こんにちは。伊藤です。 まもなく、小野市天神町で新しいお家の建築が始まります。 この度のお家は、イシンホームの自由設計! 先日、お施主様の地鎮祭が執り行われました。 工事が無事に進みますよう神主様にお祓い清めていただきました。         新しく開発をされたきれいな分譲地の一画にお家を建築される S様 S様おめでとうございます。 まもなく着工ですね(^◇^) ご家族の熱い想いに応えていい家づくりをしていきます。 完成が楽しみですね(^◇^) 詳細を見る
S様地鎮祭①

小野市天神町 ❝地縄はり❞

こんにちは、伊藤です。 まもなく着工する、小野市のS様邸 先日、地縄はりを行いました。       「地縄はり」とは・・・住宅の建築工事の初めに行うもので、建築地に縄を張って、設計図面の通りに建物の配置を決めていくこと。 建物の外周と内部の部屋スペースに縄をはり、敷地内に建物の配置を地面に示していく作業。 お家を建てる前のすごく大事な工程です。 初めて地縄を見た方の感想は、「小さい、こんな小さくて大丈夫だろうか?」と思われる方が多いようです。 基礎工事に入って、土台を敷いて、上棟して柱や屋根や壁ができてくると、だんだん立体的になってきて、たくさん打ち合わせをしてきたマイホームが少しずつ見えてきますので、ご心配なく。 地縄はりの作業は、無事に完了です。 暑かったけど、雨で無くて良かった!(^◇^) いよいよこれから本格的にお家づくりがはじまります。 工事が無事に進むよう、さらに気を引き締めて。 詳細を見る
S様邸地縄①

お母様に贈る家 イシン仕様

ご無沙汰しておりました藤井です。 前回までは、イシン仕様の設備等々・完成すると隠れて見えなく為ってしまう 部分の構造材・システム・材料等の報告をさせて頂きました。 お待たせ致しました。 お母様が喜ぶ、お家が完成しました。 実物見学・体感・体験勉強会がスタートいたしました。 内観一部 外観 お客様、エコ・アイ熱交換換気システム装備された 室内の空気環境を是非体感しに来て下さい、 お待ちしております、ありがとうございます。 詳細を見る
IMG_0654

今こそ家族を守る!

こんにちは、伊藤です。 明石市大久保町大窪のM様邸に、地震対策に必要な安心の3つ性能(下記を参照してくださいね)を備える、 制震システムのX-WALL(エクスウォール)が施工されました。 我が国のような地震の多い国で最も重要なのは、「地震対策」 すなわち建物の耐震性能の向上です。 耐震性能として建物に求められる要件は、 ①耐震の強さ(耐力や固さとしての強さ) ②復元力の強さ(変形に対する粘り強さ・変形しても損傷せず元に戻ろうとする強さ) ③制震の強さ(建物に入ってくる地震時の振動エネルギーを吸収する能力・強さ) を高めることです。 想定外の地震を考えた場合、「固さ」だけでは受ける衝撃が大きくなり、壊れる心配が高くなります。 X-WALLなら、復元力間柱がしなりによる「粘り強さ」を発揮。衝撃をしなやかに受け止めます。 これらの3つの能力を長期に渡って安定的に保持することが耐震上きわめて重要です。 だから三陽建設では、このX-WALL(エクスウォール)をオプションではなく、標準仕様として採用しており、安心安全を考えた地震に強い家づくりをご提案しています。 先日、お施主様のM様が工事の進捗をご覧になられ、しっかりとした施工とX-WALL(エクスウォール)をご確認いただきました。 完成すると見えなくなってしまうところですが、地震強い家づくりのためにとっても大事なことですね。     詳細を見る
M様邸エクスウォール①

「祝!上棟!!」 大久保町大窪 M様邸

こんにちは、伊藤です。 本日、明石市大久保町大窪で上棟を行いました。 いい天気☀に恵まれ、予定通り無事に棟を上げることができました(^o^) 朝の時点では基礎と土台しかなかった状態から、夕方には家のカタチがよくわかるくらいにまでなりました。 お施主様からは「滞りなく棟が上がって安心しました。三陽建設さんを信頼していますので引き続きよろしくお願いします」と嬉しいお言葉を頂戴いたしました。 M様ありがとうございます。 完成が今から楽しみですね(^o^) いろいろと打ち合わせをして、こうして棟上げの日を迎えることができるのは、いつもいつも嬉しいものです(^o^) M様おめでとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。             詳細を見る
M様邸上棟①

大邸宅各所修繕[外構改修編]④〝腐食へのスパイラル〟

革靴での通勤なので作業靴より断然通気性が悪く脂性も手伝って靴の中が蒸れる・・・・・。 というのがこの時期、霜焼になるメカニズム。 か、どうかは分かりませんがここ二三日で大分マシにはなりましたがとにかく痒い。 価値観は違えども当物件も理屈は同じで床下外周部を嵩上土間によって 完全密封してしまっていたので〝呼吸〟ができない窒息状態が十数年間続き、 なのに湿気は多量に背負込み木部腐食→虫害と最悪の状況へと発展してしまったのでしょう。 漏水箇所だった雨戸シャッターBOX周辺と同様の措置を行った後、 防虫措置も入念に終え本工事再開。 いよいよ明日は土間CON打設工事です。 詳細を見る
IMG_0392